メニュー

食道の病気(逆流性食道炎・食道がんなど)

食道は消化管の一部で、喉から胃にかけての約25~30cm(成人)ほどあります。

ここでおこる病気には、逆流性食道炎や、食道がん等があります。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流して、食道の粘膜に炎症などを起こす病気です。

症状としては、胸やけ、胸部の違和感、嘔吐(多量のげっぷ)などで現れます。

内視鏡により診断し、胃酸をおさえる薬による治療を行います。

食道がんについて

アルコール、タバコが主な原因といわれています。受動喫煙(周囲の方の喫煙)も食道癌の原因になります。

食道がんは食道粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。早期発見、早期治療が最も大切です。内視鏡検査を行い早期の段階で見つけることができれば内視鏡治療で根治が望めます。内視鏡切除が困難な場合は手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた集学的治療を行います。遠隔転移がある場合は放射線治療、緩和治療が中心となります。

食道がんは自覚症状が無い場合が多くありますが、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみるという症状を初期に伴うことがあります。食べ物がつかえる感じになりますと、がんが大きくなっている可能性があります。

食道アカラシア

食道の狭窄を来す病気です。食道造影で確定診断を行います。内視鏡でのバルーン拡張で効果がない場合は、専門病院での内視鏡治療ができます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME