メニュー

胃癌

胃癌

ヘリコバクター・ピロリ感染や、喫煙が主な原因です。

早期発見ができれば内視鏡切除が可能です。内視鏡での切除が難しい場合でも手術で根治が望めます。

進行癌でも手術・化学療法を組み合わせた治療が行われ治療成績は良くなっています。

遠隔転移がある場合は抗癌剤治療を中心に、進行を遅らせる治療、症状を和らげる緩和治療が中心となります。

国立がん研究センター癌情報サービス 胃癌

国立がん研究センター

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME